トップページ > 会員ニュース
<< 前一覧次 >>
【会員企業5社】第14回日食優秀食品機械資材・素材賞受賞のお知らせ 2011年7月27日(水)更新
2011年5月26日、会員企業5社が日食優秀食品機械資材・素材賞を受賞しました。おめでとうございます!

【機械部門】
■ サタケ光選別機『ピカ選』シリーズ
株式会社サタケ (正会員)
[選考理由]
作業性に優れた籾摺機直結型の農家用小型光選別機で、フルカラーCCDカメラを採用し、玄米の高精度選別をすることにより、害虫被害、高温障害によるコメの等級低下を解消します。従来、付帯設備を含めて1,000万円と高額だった初期コストを付帯設備が不要な200万円台まで低減。高齢化の進展による就農人口減少下、発売から約1年半で、調製機分野では異例の2,500台を完売する快挙を達成した点が評価されました。

■ トンネルフリーザーシリーズ
高橋工業株式会社 (正会員)
[選考理由]
1961年に業界初となる連続式トンネルフリーザーを開発以来、改良を重ね、スーパージェット方式を考案。ノズルから均一に出る強風とインピンジメント効果で短時間に冷却・凍結し、従来の冷風循環構造では場所により生じた冷却凍結のムラを解消します。本体もステンレスのフル溶接二重構造タイプのタンク方式で、両側面の全面開閉による洗浄性アップ、蒸気での庫内の滅菌とその後の目視点検を可能にした点が評価されました。

■ 過熱蒸気発生ユニット『ヒートプラス』
株式会社マスダック (正会員)
[選考理由]
過熱蒸気を製菓用オーブンに初めて採用。通常の遠赤外線オーブンを用いた焼成に、過熱蒸気の熱源を猜篏的に疝用することで、焼成時間の短縮、焼き上がりの食感や風味、色上がりなどの品質を向上させることに成功している点が評価されました。

■ プラスチック一体成型コンベヤベルト『サーモドライブ』
イントラロックスエルエルシー (賛助会員)
[選考理由]
サーモドライブは、ベルト内部に繊維がない熱可塑性プラスチックの一体成型ベルトで、ベルト内部のカビや微生物の繁殖する恐れがなく、歯車による確実駆動のため、張力調整が不要で、耐久性に優れています。ベルトが蛇行したり、ベルト端がほつれて異物混入する心配もありません。衛生管理が容易にできる点と生産効率の安定化に寄与する点など、食品業界にベルトの観点から貢献している点が評価されました。

■ 食品工程管理システム「食品向けモービルソリューション『ワンチェック』」
株式会社サトー (賛助会員)
[選考理由]
食品加工の工程で原材料入荷から製品の出荷までをチェックする食品向けの工程管理システム。在庫量の把握や賞味期限、開封後の使用期限など次工程で必要になる管理ラベルを発行することで、各作業のデータをつなぎあわせるとトレーサビリティー管理も可能になります。携帯型ラベルプリンターとスキャナー各1台の最小単位から導入が可能で、現場での部分最適から全体管理まで自在に運用できる点が評価されました。


日食優秀食品機械資材・素材賞とは…
食品業界をバックアップする機械と資材・素材業界の力強い発展を期して、顕彰と感謝を表すために(株)日本食糧新聞社が1998年に創設。食品業界を支える「機械」「資材」「素材」の3部門で、市場の活性化や技術革新において食品業界の発展を支えた製品を表彰します。
<< 前一覧次 >>
ページの先頭へ戻る