トップページ > 会員ニュース
<< 前一覧次 >>
【会員企業2社】第41回機械工業デザイン賞受賞のお知らせ 2011年9月21日(水)更新
2011年7月26日、日食工会員企業2社が第41回機械工業デザイン賞を受賞しました。
おめでとうございます!

【日本商工会議所会頭賞】
■ 光選別機 ピカ選 GRAND
株式会社サタケ(日食工正会員)
受賞理由:
精米工場などで異物や不良粒を除去する選別機。フルカラーの電荷結合素子(CCD)カメラと近赤外線カメラを組み合わせており、不良品を選別・除去するだけではなく、良品と同色の異物も高精度で選別・除去できる。
精米工場で自動化が進んでいることを受けて操作性を向上。操作パネルに新しいヒューマンインターフェースを採用し、指先で画面をスクロールして容易に操作できるようにした。

【審査委員会特別賞】
■ 超低圧二次蒸気発生装置・予熱ゾーン付 ファインアップ トンネルスチーマー
株式会社マスダック(日食工正会員)
受賞理由:
清掃しやすくするためのアイデアを随所に盛り込んだ。天井部分の重量を従来型に比べて約半分にするとともに、ワイドに開放できるようにした。本体は床面から30cmの高床式を採用した。
コンベヤーは菓子トレーを支える横板をなくして2本のチェーンだけに簡素化している。また蒸し始めに湯気に近い蒸気を出せるように予熱ゾーンを設置している。

機械工業デザイン賞とは…
1970年、わが国工業製品のデザインの振興・発展のため、日刊工業新聞創刊55周年を記念して(株)日刊工業新聞社が創設。審査は主として生産財を対象とし、製品の品質や安全性に力点が置かれるとともに、性能向上や産業振興のために、新しい時代のデザインの在りようを明らかにしていくことを目的としています。
<< 前一覧次 >>
ページの先頭へ戻る