トップページ > 日食工とは[事業内容] > 補助事業・委託事業[平成16年度 日本自転車振興会補助事業] > 食品機械の安全・衛生ガイドラインの研究・作成
平成16年度 食品機械の安全・衛生ガイドラインの作成普及補助事業
−「食品機械の取扱説明書作成ガイドライン」作成−
■食品機械の安全・衛生ガイドラインの研究・作成
1.専用ガイドラインの研究
 機械安全ISO/JISでは、取扱説明書の整備は機械類の安全性確保のための対応策として、最後のステップとして定められている。

 食品機械は、作業者の安全確保だけでなく、製造する食品の衛生確保をはからなければならないため、食品機械の取扱説明書の作成には、他の一般的な産業機械にはない、当産業特有の事項について注意を払わなければならない。そのため、当該事業では機械安全ISO/JISの要求を満たすと共に、衛生リスクを考慮したPL対策の側面も含めた取扱説明書作成のためのガイドラインについて調査研究に取り組んだものである。

 当調査研究においては、我が国だけでなく、欧米諸国のPL法やPL訴訟事例の収集・分析、並びに機械安全ISO/JISの要求を満たすための手順や条件等の設定も行った。

2.ガイドラインの評価
 作成した食品機械専用「取扱説明書作成ガイドライン」の実用性を検証するために、当ガイドラインに従い「取扱説明書モデル」の作成を行った。作成したモデルについては、機械安全ISO/JIS等の関連法規への適合性評価の結果に基づき修正を行い、ガイドラインの妥当性を確認した。

3.原稿取りまとめ・印刷
 「事業概要」「使用上の情報と製造物責任」「取扱説明書作成ガイドライン」「警告表示等の使用上の情報」「取扱説明書モデル」、以上の原稿について製作・編集を行い、報告書として印刷を行った。

<< 本文に戻る
ページの先頭へ戻る