トップページ > 日食工新着情報
<< 前一覧次 >>
FOOMA JAPAN 2013 アカデミックプラザ 参加研究室募集のお知らせ 2012年10月1日(月)更新
日本食品機械工業会主催の展示会『FOOMA JAPAN 2013 国際食品工業展』の会場内に、食品、食品機械・装置および関連技術に関する研究発表の場を提供します。
多数の研究機関のお申し込みをお待ちしております。

1.発表期間
2013年6月11日(火)〜6月14日(金) 10時〜17時

2.発表場所
東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-21-1)

3.参加資格
大学・高専・公的研究機関の研究者(研究室単位)

4.発表部門
次のいずれかを選択してください(1研究室につき1部門のみ)
[1]一般部門
・食品、食品機械・装置および関連技術に関する研究全般
[2]特別部門
・テーマ『食の未来を創る付加価値向上技術』

5.発表者数
約60研究室を予定(国内枠45、海外枠15)

6.発表形式
[1]ポスターセッション形式(基本)
・1件の参加につき、高さ約3m、幅約2mのパネルを提供予定
・発表期間中、ポスターの説明をする方の常駐が必要
[2]口頭発表(希望者のみ先着順に受付)
・1テーマ30分、約30テーマを予定
[3]試食を伴う実演(希望者のみ)
・内容によっては、お断りすることもあります

7.費用補助
[1]交通費、宿泊費(一定の条件あり)
[2]資料作成費(材料費)として3万円(海外からの参加研究室は別規程)

8.表彰制度
FOOMA AP賞(予定)

9.お申し込み
所定の申込用紙(PDFファイル 82KB)にご記入の上、FAXでお申し込みください。
または、以下の項目[1]〜[12]をA4サイズ2枚以内にご記入の上、FAXでお申し込みください。
[1]研究機関名・代表者名・連絡担当者名および連絡先
(住所・電話番号・FAX番号・E-Mailアドレス)
[2]アカデミックプラザをどこで知ったか
[3]口頭発表希望の有無
[4]試食を伴う実演希望の有無
(「有」の場合は実演内容をなるべく具体的に記載してください)
[5]希望するポスターセッション発表部門
(一般部門、特別部門のいずれか1つを明記)
[6]発表タイトル
[7]発表タイトルのジャンル
[8]発表内容の要旨
[9]周知研究・類似研究との比較
[10]前回と同一タイトルの場合は、前回との比較
[11]研究内容の特徴
[12]食品機械業界で想定される用途
(特にない場合は「特になし」と記入)

10.締め切り
2012年11月12日(月) 必着
お申し込み多数の場合には、発表をお願いできない場合もございますのでご了承ください。
お申し込みいただいた方へは、後日、審査の結果を通知いたします。

11.連絡先
一般社団法人 日本食品機械工業会(担当:黒澤)
TEL:03-5484-0981 FAX:03-5484-0989

■□□ご参考□■□
前回のアカデミックプラザの結果は、こちらをご覧ください。
FOOMA JAPAN 2013 アカデミックプラザ 参加研究室募集のお知らせ
<< 前一覧次 >>
ページの先頭へ戻る