トップページ > 日食工新着情報
<< 前一覧次 >>
ふーま122号が完成しました! 2014年9月4日(木)更新
日本食品機械工業会の機関誌「ふーま」(年4回発行)最新号が完成しました。
見本誌をご希望のかたはこちらからお申し込みください。
次号は2014年11月上旬発行の予定です。

【ふーま122号 目次】
FOOMA JAPAN 2014 レポート大特集...P2

667社、出展面積28,057m2の規模で開催したFOOMA JAPAN 2014をレポート!


ブースウォッチング...P6

FOOMA JAPAN 会場内で来場者、出展社の声を取材、30社をクローズアップ


FOOMA魅力紹介企画、特別企画...P18

学生を対象に、食品機械業界への理解度を深めるためのツアーを日食工青年部が初企画!

特別企画として、生産性向上設備投資促進税制コーナー、改正労働安全衛生規則に対応する安全設計コーナーを設置


FOOMAビジネスフォーラム...P19

服部幸應氏と山本益博氏の対談要旨を紹介


アカデミックプラザ2014...P20

22回目となる今回は、国内43研究室、海外17研究室が参加。

FOOMA AP賞、今年は4研究室が受賞!


日本食品工学会フォーラム2014...P26

テーマ:食品製造プロセスをシミュレーションする


農業施設学会シンポジウム...P27

テーマ:攻めの農業 生鮮果実の輸出に向けての取り組み


EHEDGセミナー...P28

テーマ:食品と接触するステンレスの表面仕上げと不動体化(Doc.18より)


AIB FOOMA特別講演会...P29

テーマ:日本の「食の安全」を科学で支えるために


美味技術学会シンポジウム...P30

テーマ:美味しさと高機能性の両立、これからの新食品加工技術


農業機械学会シンポジウム

フードテクノロジー(フーテック)フォーラム...P31

テーマ:コールドチェーンのアンカー、家庭用冷凍冷蔵庫の先端技術


出展社プレゼンテーションセミナー...P32

今年は衛生管理や安全管理などのテーマが特に人気


グローバルスペース...P34

今回のグローバルスペースには、海外の14機関・団体が出展

初の試みとして「日本企業のための海外進出セミナー」も実施!


日食工コーナー、インフォメーションほか...P35

東4ホール前ガレリアのインフォメーションがパワーアップ!!


データで見るFOOMA JAPAN 2014...P36

FOOMA JAPAN 開催結果・来場者アンケートをグラフで図示


テーブルトーク...P38

琴欧洲親方


フードマシナリィニュース...P40

平成26年度定時総会(第49回総会)を開催

産業競争力強化法 生産性向上設備等のうち、先端設備に係る仕様等の証明を行っています

下西製作所 下西巖会長、春の褒章受章 ほか


ほか
ふーま122号が完成しました!
<< 前一覧次 >>
ページの先頭へ戻る